はじめに
 10年ほど前、魚、水草、貝に興味を持って調査と言うほどの事ではなく、つかまえて水槽で飼ったり、
ガラスウールとFRPで深さ2m程の池を作り楽しんでいた事があります。それから、違うものに興味がうつっていたのですが、
久しぶりに誘われてお池に行ってきました。
2003年 4/29
   1中の裏の池・・・10数年前までは、エビもタナゴもよくとれました。しかし、高校生が文化祭の打ち上げでブラックバスを
              放してしまい2〜3年とれなくなっていました。
              その後、タナゴがとれるようになり、次はエビばかりがとれるようになり、
              ここ2〜3年はどちらもとれるようになりました。
              しかし、今年は、タナゴもエビも1匹も見つかりません。
              つかまったのは、アメリカザリガニ1匹とモロコ3匹。ドブガイは大人3人で探って20個程度でした。
              池に入って底を探っているとき、小学生10人くらいがルアーでブラックバスを釣っていましたが、
              次から次へと釣っていました。ついでに大きな鯉も釣れていました。
              また、2〜3年だめかな? 
   O寺の池・・・・・・・むかしからタナゴの小物しかいない池です。なかなか魚キラーという仕掛けに入ってくれない池です。
              もしかしたら、えさの九ちゃん(190円)が口に合わないのかもしてません。この池は上流がわき水なので、
              上品に育っているのかもしれません。  
              池の中をみれば、タナゴが見えます。
              仕掛けを入れると、やはり7〜8匹しか入らず、アミで取った方が早そうでしたが、
              アミを忘れたのであきらめて帰りました。くやしい。
2003年 5/3
 友達から家族でバーベキューに行こう誘われ出かけました。外で食べる食事はおいしい。それはさておき、
ひょんなことから、タナゴがたくさんいる池があると連れて行ってくれました。そこで早速仕掛けを入れました。
池の中をのぞくと、エビや1中の池にも良くいたが最近みなかったヨシノボリもいました。これはタナゴもいるぞ。
30分で5cm位のタナゴ、それも婚姻色もきれいなものが100匹くらい、エビも30匹くらいとれ満足しました。
エビと言えば「嫁殺しの池」に行くとアミでざくざくとれた事を思い出します。食べれるほどとれるとうれしいですが、
ここは我慢し、大切に飼育したいと思います。エビの養殖にも挑戦してみたいな。
ちなみに、エビは死ぬと赤くなります。

ということがあり、昔の血が騒ぎ、今年はつかまえてくるだけでなく、
 近所でのタナゴ・メダカ・エビの現在の状況を調査したいと考えています。また繁殖も何とかしたい。
今年の農業用水掃除をしたときドブガイがいたので、タナゴは何とかいるのではと考えています。
メダカについては、10年ほど前、長野県北信地区にはもう黒メダカはいないといわれていた時も、みつけていた場所があるので、
そこをあたたかくなったら調べてみたいと思っています。どうなっているか楽しみです。

10年ほど前、魚などに興味を持って、つかまえてあるいた様子は、こちらをご覧ください。水族館を作ろう

今後の調査結果は随時発表していく予定です。お楽しみに





     ひいちゃんち



 

手前がエビ、奥がタナゴ    婚姻色がきれいにでている   5/3の池           O寺の池 
川や池にもエビがいます。    タナゴのオス
          タナゴ・エビを取りに行っている池

2003年調査結果
水族館を作ろう PART2
2003年調査結果TOPへ
ひいちゃんちの畑