酢卵の効用

酢卵は糖尿病、高血圧、肝臓病に対して、よく効くらしい。
その他にも、色々あるようですが飲んでみて試してみましょう。
当然、溶けたカルシウムも摂取することができるので、イライラ解消にいいと思います。
インターネットで調べると、色々なお医者さんの話も見つかります。

酢卵の作り方    簡単です。

1 烏骨鶏の卵を洗う。
2 食用酢1合に卵1個を入れる。
    食用酢としては、やっぱり、リンゴ酢が1番

  <リンゴ酢の作り方>  途中でアルコールになるので法に触れる危険性があります。自己責任で・・・。
                  あるいは素直に売っているものを買いましょう。「どぶろく特区」になれば気にしなくて良い。
       1 リンゴジュースに酵母菌を入れ発酵させる。ふたが飛ぶ事があるので密閉しない。
           一升瓶で作ってフタをしておくと、突然「ポン」と音がして吹き出します。
       2 生酒か飲み残しのビールを部屋にほっておく。すると、表面に薄い膜ができる。
       3 発酵が終わったら、2で作った透明の膜を入れる。これが酢酸菌です。 
            2回目以降は前回作った酢の表面にできる、ものを入れる。ほっておくとコンニャクのようになります。   
       4 酢酸菌は酸素が必要なので、できれば毎日かき混ぜる。腐ったら捨てましょう。乳臭い臭いはだめ。
       5 3ヶ月もすればできあがりですが、長くおいた方がおいしく感じます。

3 酢に3−4日入れておく。忘れていると黄味が固まります。
4 殻が溶け、残った薄皮を取り除きます。あとは、黄身、白身をよくかき混ぜます。
5 冷蔵庫で保存し、早めに飲みましょう。

酢卵の飲み方 

  そのままで飲むと少し酸味と苦みがあるのでのみみくいかも。
そこで、
1 水や牛乳で薄める。
2 甘いものと混ぜると飲みやすい。なんと言ってもリンゴジュースが健康によいのでは?蜂蜜でもいいでしょう。


 烏骨鶏の酢卵はホームページを調べるとたくさん出てきます。何かいい事を知っている人は教えてください。お願いします。

             ひいちゃんち