昨年、おいしいリンゴがなった枝を切って整理します。
どのようにするかというと、
 1、3m程の棒の先に30cm程ののこぎりがついたもので大きな枝を切ります。
    1日頑張って、15本〜20本位の木を切れますが、どうしようかと悩んでい
    ると、どんどん時間が過ぎてしまい5本ぐらいしかできません。剪定でリンゴ
    の善し悪しが決まるので、1年分しっかり悩みます。
 2、はしごにのって、剪定ばさみで細い枝を切ります。
 3、切り口に木工用ボンドみたいな薬を塗り、腐乱病にならないようにします。
    腐乱病になったときは、おむつを当てておくと不思議と治るんです。
 4、切った枝を集め燃やすか、チョッパーで細かくします。
    今年は燃やし子供と焼き芋大会をする予定です。
    大きな木は薪ストーブを使っている人にあげます。
 剪定のポイントは、
   ・太陽の光がちゃんと当たるようにする。
   ・枝と枝がぶつからないようにする。
   ・間引きを主体とする。
   ・弱い枝は強く切って、枝を更新していく。
  冬場、体を動かしていなかったので、足、腰の筋肉がパンパンになります。
 いよいよ今年のリンゴ作りの始まりです。

剪定前

剪定後

2003

3月16日(晴れ) リンゴの剪定(せんてい)終了

ひいちゃんち

剪定すると、枝がほとんどなくなって
しまったように見えますが、ちゃんと
花が咲き、実をつけるように考えて
切っています。

3月22日(曇り) 剪定した枝を燃やす。 ついでに焼き芋大会

 剪定した枝を燃やしました。燃やしたあと焼き芋をします。
焼き芋の方法
 1、サツマイモを用意する。
 2、芋にぬれた新聞紙をまく。その上からアルミ箔をまく。
        (左の写真のように)
 3、炎の消えた灰の中にサツマイモを入れる。全部が灰の中に隠れるようにする。
   灰の中はまだ黒い炭の状態。(左下の写真のように)
 4、1時間ほど待ち、食べます。


イモが灰で隠れるように、灰をかけているところ。
できあがった焼き芋  ほくほくでおいしかった。


できるまで、リヤカーにのってぎっこんばったんをやっている子供。
このリヤカーで枝を拾い集めました。
奥に見えるのはこれからジャガイモを植える場所です。


畑仕事の日々
3月
4月へ