畑仕事の日々
2003
ひいちゃんち

9月

9月14日
 8月下旬から採りはじめた「つがる」の収穫がほぼ終わりました。おいしくできました。
 今は「紅玉」が色づき始めています。昼は暑く、夜涼しくなっているので例年より早く色が付いています。色だけなら出荷できますが、食べてみると少し青臭いです。
もうしばらくすると「紅玉」らしい味になると思います。私が個人的に一番好きなリンゴで、昨年は子供も畑に行って小さい紅玉を丸かじりしていました。
 紅玉は家庭用に毎年残しておきますが、冬になるとだんだんボケてくるので「ふじ」を食べてしまい、生では食べられなくなります。しかし、そんなボケたのが料理にいいという事でわけて欲しいという人もいます。今年は紅玉だけでジュースを作ってみて酸っぱさを楽しみたいと思います。

色づいた紅玉

8月へ

9月15日
 朝からシソの実をとりました。シソを畑からとってきて、
実だけをボールに集めました。
子供も手伝いボール一杯集めるのに1時間かかりました。
こういう作業をしているとのんびり時間が流れていきます。
 この実は佃煮にして食べます。
 実をとっているといろいろな種類の毛虫がいました。今年は虫が多いように感じます。ジョロウグモも大発生と言っていました。
 残ったシソの葉と毛虫は烏骨鶏にあげました。葉は人気がありませんでしたが、実の残りは食べていました。毛虫はどうなったのでしょうか?よくわかりません。
 昼は草刈りとプルーンの収穫をしました。珍しい「プルーン」をみつけました。プルーンもこれで終わり。ミョウガもおしまいになりました。取り忘れたミョウガの花が咲いていました。

10月へ