畑仕事の日々
2003
5月

5月4日 木酢液で消毒
 朝から木酢液を500倍に薄めたものをスピードスプレヤーでまきました。
 天気が良く、虹ができました。
 リンゴの花は満開となり、マメコバチが受粉をしてくれています。
リンゴの場合同じ品種では受粉できないので、ふじ・紅玉・つがる
を一緒の畑に植えてあります。おかげでよく実になります。摘果が大変ですが・・・。
 昔は茅葺きの家が多かったので、ほっておいても来ましたが、
今はヨシを切って束にしたものを豚小屋の軒下につるしています。 
そうすると、花が咲く頃ブーンブーンと活動します。飛ぶ音はうるさいですが、
小さいハチで刺すこともありません。素早く動くので、写真を撮るのに苦労しました。
 畑の様子ですが、草刈りをしたのにもうタンポポだらけになっています。
雪がとけると、オオイヌノフグリやタンポポ、クローバーがでてきますが、1回草刈りをすると
オオイヌノフグリはもう出てこないで、タンポポばかりになります。強いです。
10年ほど前までは、西洋タンポポばかりでしたが、
最近では日本元々の関東タンポポのほうが多くなってきています。なぜか復活しました。
 さて、リンゴの最近の作業は摘花です。2年枝にできる実はおいしいリンゴにならないので、
今のうちに全部花を取ってしまいます。早めにとってしまった方が、木も疲れません。
リンゴの花の様子は果樹の成長 りんごをクリックしてください。
        
5月17日 殺虫剤の消毒をリンゴにしました。
5月18日 牛乳をスピードスプレヤーで散布
 牛乳を約100倍に薄めたものを散布しました。リンゴにとっては、乳酸菌が頑張ってくれたり、
葉から栄養を吸収しおいしいリンゴになってくれるはずです。
 梅の木にも散布しましたが、こちらはアブラムシを退治するためです。
昨年からアブラムシがよくつくようになりました。なぜだろう?
100倍では薄いかもしれないので、様子を見てまた散布するか、実を取ってから木酢液を散布するか、
ただ、テントウムシの幼虫や成虫がたくさんいるので期待したいと思います。
 摘果をしていますが、今日は暑くて疲れました。
テントウムシの幼虫と成虫

5月25日 草刈り
 1ヶ月でもう草だらけなので草取りをしました。
摘果の方はもうじき終わりそうです。
畑ではこんなのがみられます。

ノビロ            ネギタマ            ミョウガ



ひいちゃんち    4月へ  6月へ



           

マメコバチ

タンポポだらけの畑

梅の木のアブラムシ