畑仕事の日々
2003
4月6日 植物性の有機肥料 

 まだ、リンゴの木には葉がついてなく、まだまだ花が咲かないので畑仕事はお休みです。
再来年の肥料が畑の一角に届いています。茶色の土みたいなものです。
これから2年ほど発酵させたあと、リンゴの木のまわりに入れます。
i以前は豚を飼っていたのでそれを肥料にしていましたが、現在は他からみつけてきます。

 今、この中に手を入れると発酵した熱で暖かいです。雨が降ると湯気がでます。
この中身は、植物チップ、米ぬか、ふすま、大豆粕等です。4tトラックで6回ほど運びました。
まだ雪のあるときに運び込んだため、トラックのタイヤが土にめり込み動けなくなって大変でしたが、
その後、コンパネ板をひいて運んだため何とか入れる事ができました。
 この肥料と炭を入れおいしいリンゴになります。

 あと、夏に勝手にカブトムシが卵を産むので、来年の夏にはたくさんのカブトムシが出てきて、
子供が喜びます。このカブトムシを売っている人もいます。

4月13日

 肥料にリンゴジュースの絞りかすを加えました。
 「はくさい」の蕾ができました。もうじき花が咲くと思います。種を取ります。
 今日は朝7時半から集合し、用水の大掃除に行って来ました。
田植えの前に水がよく流れるようにゴミを拾ったり、土をあげました。
橋の下や用水が曲がっているところに土がたまっていました。
私の家は米を作っていないので、あまり必要がありませんが、仕方がないです。
 色々話をしながら作業をしてきましたが、いい話がありました。
その1
 昨年、群馬からタニシを拾いに数人来たそうです。鯉のえさにするそうです。
田植えのあとに来ると田んぼにごろごろしています。今日も田んぼを見るとまだまだたくさんあります。
「タニシの佃煮みたいの」にするとおいしいので、鯉のえさでなく人間のえさになります。
暇な人は拾いに来てください。
それと、昔は大豆粕を田んぼに入れると、巨大化してたくさん増えたという事です。
家に「エスカルゴ」がいるので食べさせてみようと思います。
その2
 屑米がただでもらえる事になりました。烏骨鶏や鴨に食べさせたいと思います。
ついでに合鴨の肉もわけてもらえそうです。

今日は「こびれ」(おやつ)の牛乳を3本もらえたし、疲れたけど良い日だった。

4月19日

 遅くなりましたが、ジャガイモを植えました。
そこに炭をまいたついでにリンゴの木の下にも炭をまきました。
炭をまくと、ネズミがこなくなったり、微生物が住みやすくなるようです。
剪定の木で作った炭がたくさんあるので有効に使います。

4月26日

 今年はじめての草刈りをしました。雨が降るたびにぐんぐんのびます。
やはり、除草剤を使いたくないので刈るしかありません。
秋に「ナギナタガヤ」という草の種をまこうかと思っています。
それは、秋から芽を出し、梅雨時まで伸び、
その後勝手に倒れてワラをひいたようになるという優れものです。

4月27日

 木のまわりに有機肥料をまきました。



ひいちゃんち    5月へ    3月へ


4月

草刈り前

草刈り後

掘ると地層のようになっている
白いところが発酵が盛んなところ
よく混ぜます。