畑仕事の日々
2003

11月

11月7日
 「ふじ」がもう真っ赤になっています。食べてみると蜜がのっていてとてもおいしいです。
 リンゴを回してリンゴ全体が日に当たるようにしています。リンゴを回しても戻ってしまうこともあるのですが・・・。

ひいちゃんちの畑

 左の写真は籾殻を炭にしています。これが、軽トラ1台分です。
リンゴの木の根本に有機肥料といっしょにまく分と烏骨鶏に食べさせる分を秋のうちに作ります。
 リンゴを剪定した枝のほとんどは、薪ストーブのうちにあげてしまいます。昔は炭にして家のコタツに入れましたが、今ではつかっていません。野菜を作るときにまくぐらいになってしまいました。

10月へ

11月29日
 収穫も終わり、選果して、市場や贈答用として出荷しました。あまりの忙しさに写真を撮るのを忘れました。
今年は花が少ないと感じていましたが、やはり収穫してみると昨年よりだいぶ少なくなりました。そのかわり、
玉が大きく蜜が多いおいしいリンゴとなりました。選果しながら味を確認するのですが、かじった残りを烏骨鶏にあげると喜んで食べています。ちなみに今年は大根やチンゲンサイ等秋野菜が豊作なので人間も烏骨鶏たくさん食べていますが食べ切れそうにありません。
 あと、葉をとらないで味がどうなるか確認してみましたが、あまりよくわかりませんでした。研究したいと思います。
 これから雪が降る前に、肥料・籾殻の炭をあげたいと思います。

12月へ