1 動脈硬化を防ぐ
 悪玉コレステロールが活性酸素と結びつき、血管が詰まることが動脈硬化の原因と考えられます。悪玉コレステロールが活性酸素と結びつく前に、リンゴに含まれるリンゴポリフェノールが活性酸素に結びつき、動脈硬化が防げると考えられます。

2 整腸作用    
 リンゴに含まれている植物繊維のペクチンが腸内の環境を整える働きがあります。ただし、透明なジュースには含まれていません。「ひいちゃんちの完熟ジュース」のように混濁ジュースには含まれています。

3 血圧を下げる働き
 リンゴに含まれているカリウムが塩分を尿と一緒に出してくれ、血液の流れをよくしてくれるので血圧を下げてくれます。

4 ダイエットに
 食事の前にリンゴを1個食べれば、お腹がいっぱいになって、食事の量が減ります。
 糖分が多そうと考えている方もいらっしゃると思いますが、リンゴ200g中に約10g程度です。

5 疲労回復に
 ビタミンCや有機酸がたっぷり含まれています。 


            リンゴをたくさん食べてね

1日1個のリンゴは医者いらず

(イギリスのことわざ)

ひいちゃんち
リンゴは健康食