骨格標本の作り方

道で死んでいたタヌキの全身骨格標本               鯛と似た味のするティラピア

1 はじめに
 6年前の春、志賀高原に遊びに行った時、河原の大きな岩の間にニホンカモシカの死体を見つけました。友だちに「理科教師なんだから持って行って生徒に見せびらかせ」と言われ「気持ち悪いなあ」と思いつつ頭部だけ持ち帰ってきたことから私の骨格標本作りが始まりました。それまで、あまり骨格標本は見た記憶がなかったので「頭の骨はどうなっているのだろう」と興味もあり、学校の自然園に埋めました。
 ニホンカモシカが完成して生徒にみせると、「ツノの下に骨があっておもしろい」などと反響があり、ついには「先生、タヌキが死んでるけど作る?」「コウモリは?」とか「どうせなら全身の骨格を作ろう」と持ってくるので、ついつい続けているうちに面白くなってきた骨格標本作りです。「自然研究」ということにはならないと思いますが、ここに今まで作ってきたつたない経験をまとめたいと思います。

2 骨格標本のつくり方
 骨格標本作りとして、今まで私は
  (1)土や水の中に入れ数カ月放置しておく。
  (2)ウジに食べてもらう。
  (3)水で煮る。
と3つの方法を行ってきました。以下これについて紹介したいと思います。

(1) 土や水の中に入れ数カ月放置しておく。
  @ 土に埋めておく。
 ただ土に埋めておけば良いだけで気軽にできそうな方法です。私が初めて骨格標本を作ったのがこの方法です。ニホンカモシカの頭を埋めたわけですが、土の中に埋めるとどのぐらいできているか見えないので、何回か掘り返してみました。掘り返すとウジやミミズが見え、肉のくさったにおいがしてきて、「肉をウジが食べていたんだなあ」と思うと罪悪感を感じました。4カ月ほどかかり、だいたい肉が取れそうになったところで肉をきれいに取り骨だけにしました。この方法では掘り返すのを忘れて放っておくと魚や小鳥のような小動物だと骨まで無くなってしまうことがありますし、細かな骨や歯がどこかへ行きやすいという難点もあります。全身の骨格標本を作るには不向きだと思います。この方法で写真2のタヌキを作るのに約1年かかりました。ニホンカモシカやウシのような大型動物の頭骨だけをのんびり作るのであれば良いと思います。
  A 水の中に入れておく。
 以前、学校の池にすんでいたコイが死んだので全身の骨格標本を作ろうと思いました。タヌキの反省を生かし、土に埋めたのでは細かい骨が無くなるので、外にある水槽の水の中に入れておきました。一週間位して腐乱臭が強くなり、窓からにおいが学校を満たすようになり止めました。とんでもなく、くさいです。この方法は私は最後どうなるかわからないので、ひんしゅくを買ってもやり抜ける強い意志を持った方に確認して頂きたいと思います。

(2) ウジ、細菌に食べてもらう。
しばらく放置しておくとウジがわいてきます。それを密閉容器に入れておくと骨だけに、ということです。ハトでは2週間程で内臓はなくなりましたが、皮が骨にへばりついてしまいました。時間がかかるので面倒になり、結局水で煮てしまいました。また、イモリは5カ月で骨だけになりましたが、ちょっと漂白剤で白くしようとしたら、ボロボロになりました。置いてあった通りに骨が残り、組立てやすいと思っていたのに残念でした。今のところ成功していませんが、ヘビ、コウモリ等の細かい骨の多い動物には適していると思いますので、今はヘビの製作途中です。

(3) 水で煮る。
 土に埋める方法をとった場合、歯や細かい骨の紛失があり、不満に思っていましたが、そんな時、本でこの方法を知りました。これなら出来るぞと思い早速やってみました。考えていた以上に、においもなく簡単に骨にすることができました。また、頭骨だけを作るなら大量生産も可能です。なお、うすい水酸化ナトリウム水溶液を使う方法がよく知られていますが、必要ありません。全身の骨格標本を作る場合は骨によって丈夫さに違いがあるので、やわらかくなったり、溶けてしまうので使わないほうが無難です。それでは、お薦めの方法なので、詳しく説明したいと思います。

2、作り方

@ 下準備をする。
・小型動物は胴体から頭、足、腕、手首から先を切り離します。この時にぬけそうな歯はとっておきます。
・切り取った物がバラバラにならないようにストッキングに入れ、特に後で組み 立てるために左右の手足の区別がつくようにしておきます。意外と骨だけになると、わからなくなるものです。私は色ビニールテープで区別しています。

A 水で煮る。
・水の中に入れて煮ます。ドラム缶やオイル缶が便利ですが、小型動物は鍋でもできます。水がどんどんなくなるので気を つけてください。
・ハトで3時間程度、内臓入りのタヌキで12時間程度でした。頭骨だけなら4時間程度で禿頭のようになります。頭骨だけを作るのであれば充分煮たほうが腱まで取ることができ肉を取るのに楽です。全身を作る場合は腱が取れてしまうと、どう組み立てるかわからなくなってしまいます。だから、よく見ながら、バラバラになる前に煮るのを止め、どのように組み合わされているか確認します。煮るのを止めるタイミングは経験がものをいいます。

B 冷えるのを待つ。
・ただ待つだけ何もしません。

C 大雑把に肉などを取り除く。
・この時、ビデオや写真で骨の付き方を撮っておくことをお薦めします。あとで組み立てるときに便利だからです。
・簡単に皮が剥がれ、毛も一緒に取れるので、取った後筋肉のつき方がよくわかっておもしろいです。鳥類の場合、翼を動かす筋肉が想像以上に太く驚かされます。
・手で簡単に肉が取れます。それほどにおいもなく、筋肉の束で取れます。
・頭骨の外側については悩まずにどんどん取ります。とは言ってもだいたい取れていますが。歯をなくさないようにだけ気をつけます。歯をとると下に新しい歯を見られることもあります。また、目玉をとると視神経も見られます。頭骨の内側は背骨のついていた穴から試験管ブラシなどでこすったあと水で洗い流していきます。できればお湯を使用した方がきれいになります。目の斜め下や鼻の中に薄い膜のような骨があるので壊さないように気をつけます。
・顎は左右に分かれる動物が多いので、分けておき抜けた歯が混ざらないようにしたほうがていねいです。
・手足については組み立てるときのことを考えながら取ります。指は細かい骨が多いので肉がついたまま、バラバラにせず、一本一本ていねいに取り、後で組み立てやすいように並べておき接着します。しかし、ホニュウ類の手のひらはよくわからず、組み立てられない骨が残ってしまいました。
・胴体部分ではまず外側の肉をだいたい取ります。この時気をつけることは、乱暴に肉を取って肋骨等を背骨から取らないでおくことと骨を折らないようにすることです。
・背骨の順番を間違えないように、針を使って水糸を通して縛っておきます。背骨がバラバラになる前に水糸を入れておきましょう。
・背骨の背中側に突起物があるので、それがよく見えるようにして、上から何番目の背骨から何番目までに肋骨がついているか、肩胛骨がどのようについているかをよく確認しておきます。

D 骨をきれいにする。
・頭骨等の大きな骨はたわしでこすります。
・小さな骨の肉は歯ブラシ、枝付き針などでこすりながら取ります。
・腱などがよく取れないときは、カッターやメスで取ります。医療用の使い捨てメスがよく切れて便利です。それでもダメな時はもう一度煮ると簡単にはがれます。
・特に細い骨などで強くこすると折れそうな物は取れるだけ肉を取り、放っておいて、乾燥させます。そうすると、爪で簡単にはがせるようになります。この作業は細かい作業で面倒です。よく取れない場合は無理をせず組み立ててしまいます。1年も放っておけば自然にきれいになります。
・背骨は長めの水糸を通して輪の状態にしたまま洗っていきます。脊髄が入っていた穴を針でこすったり、水を勢いよく通してよくきれいにします。
・骨の色を売っている標本のように白くする場合は漂白剤を使えば良いようですが、そのままでも、味があっていいですし、動物によってはやけに白い物もあり色の違いを見るのもおもしろいです。漂白剤によっては骨を溶かしますから 気をつけてください。

E 骨を組み立て、骨格標本を完成させる。
・組み立てていくときはビデオや写真に撮っておいた物を見ながら作っていきます。それでもよくわからない時は人体の骨格模型と比べたり、同じ種類の動物を解剖するとわかります。しかし、なんといっても、骨から肉を取るときに順番に並べておき一つ一つきれいに洗ってまたもとの場所に戻しておくという非常に面倒な作業をしっかり行うことが自信を持って組み立てるためには必要です。
・接着剤としては、色々考えられると思いますがホットボンドが便利だと思います。これだと、数秒で接着することが可能ですし、背骨の間にあったはずの軟骨の厚みをだすことも出来ます。また、失敗した場合はお湯に入れれば簡単にとることが出来ます。細かい部分は瞬間接着剤のゼリー状が便利です。付けすぎるとだめ。
・背骨は硬い針金を通し、だいたいの背骨の曲線を作り芯とします。
・背骨や骨盤を接着させ、固まってから肋骨や肩胛骨、鎖骨をつけます。肩胛骨や鎖骨は付け方がよくわからなくなるので、肉を取るときによく確認しておきましょう。
・頭骨では歯が抜けそうなのは接着し、歯のかみ合わせを考えて顎を接着します。
・頭骨と背骨を接着する時、背骨から出ている針金を上に曲げ、頭骨内側の上部を支えるようにして接着すると頭部が取れにくくなります。
・手足については、その動物らしく角度をつけて接着します。
・完成したら板の上に固定するのが安全です。頭部が重い動物については、のどのあたりにつっかい棒をしておくと壊れにくくなります。

3 おわりに

 はじめは頭の骨だけを作るのが楽です。全身では魚が手に入りやすく、作りやすいと思います。ただし、頭部はたくさんの骨に分かれるので、注意が必要です。多少肉を残しくっついている状態にしておいた方が楽です。また、作ってみると色々な発見もあるので、1度挑戦してみましょう。

参考文献 「おもしろ実験・ものづくり完全マニュアル」 左巻健男 編 東京書籍

※この文章は「信州理研会報」に寄稿した文に若干手を加えました。
※組み立ての時参考になる本は、「骨」白水社・・・大判イラストで18種類の動物の骨格を見せる図鑑です。


                             ひいちゃんち

ニホンカモシカの頭骨                       ウシの頭骨