おいしく食べるためのアドバイス
その1 保存方法

     贈答でリンゴをいただいたが、ボケてしまい捨ててしまった経験はありませんか?
    そうならないためには、ビニール袋に入れ口をきちんと縛り冷やしておくと、おいしく保存できます。
     サンふじは長期保存できる品種だけど、2月頃になると蜜が果実全体に散ってしまい見えなくなるけど、
    味は変わりません。そういえば、アメリカでは蜜を腐っていると思って食べないという話を来た事があります。
    もったいないですね。


その2 長期保存方法  干し林檎の作り方  たくさんあまったとき
     <干し柿ならぬ干し林檎を作る。>
    1 リンゴを輪切りに切る。丁寧な人は、芯を抜く。皮はむかなくても大丈夫。
    2 干し柿を作るときのように日陰に干します。
    3 2〜3日でできあがります。たまには裏返してください。
    4 できあがりをそのまま食べてもいいですし、冷凍室に入れたおき、アイスとして食べてもおいしい。
       注意 冷凍室に入れるときは、新聞でくるむか、紙袋に入れておくとにおいがつかない。

その3 ボケてしまったリンゴの 干し林檎  
            (JAながの 月間マガジン2003年2月号に載っていました。) 
    1 リンゴの皮をまるごとむく。(ボケてしまったリンゴほどおいしい。)
    2 りんごを8つ割りに切り塩水をくぐらせて、ひたひたの水に分量の砂糖を入れて煮込む。
    3 やわらかに汁がなくなるまで煮て、煮上がったら、リンゴをザルにとり、天日に干す。
      アミをかけて、3日間干す。
    4 干しあがったリンゴにグラニュー糖をまぶす。
       材料  リンゴ          2kg
            砂糖           100〜200g
            グラニュー糖、塩   少々

     我が家の場合は、我が家の干し林檎  へ

その4 お客さんに出すとき
      塩水にくぐらせると、色が茶色くなりにくくなります。
      ちなみに、長野県の理科夏休み一研究では、よくこれをテーマにして実験をしています。
    サラダ油など色々なものをつけてみて、色の変わり方がどう違うか調べています。

その5 特にお年寄りや赤ちゃんにオススメの煮リンゴ
    1 リンゴの皮をむく。
    2 リンゴを8つ割りに切る。
    3 弱火で煮る。こげないように気をつける。         
      これだけで完成 我が家の干し林檎 に写真が載っています。

その6 リンゴジュースと青汁
    1 リンゴジュース200ccとケールの葉2〜3枚と氷を一緒にして、ジューサーでかきまぜる。
    2 茶こしや布で繊維をこし取り飲む。
        ケールについてはケールの様子を見てください。
    (リンゴジュースがなければ、リンゴを細かく切ってジューサーに入れればできると思います。)

ひいちゃんち